EtherCAT®ネットワークの構成と診断

EC-Engineerは、EtherCAT®ネットワークの構成と診断に使用される強力なソフトウェアツールです。この単一のツールを使用すると、必要なすべてのエンジニアリングおよび診断タスクを迅速かつ快適な方法で処理できます。ポップアップダイアログを使用することはめったにない、最新の明確で非常に直感的なユーザーインターフェイスは、顧客のEtherCAT®システムの構成と診断をスムーズに行うために不可欠です。

標準ビューとエキスパートビュー

お客様はビュー内でEtherCAT®構成を簡単な手順で作成できます。あまり使用されないパラメータとオプションを非表示にします。これらはエキスパートビューを使用して有効にできます。

必需品への制限

EC-Engineerで使用可能なオプションとダイアログは、制御システム(マスターシステム)が実際にサポートするトピックに制限できます。これはEC-Engineerの重要な利点の1つであり、試行錯誤のループを必要とせずに構成ファイルをすばやく作成するのに役立ちます。いわゆるEMI(EtherCATマスター情報)ファイルは、マスターシステムのすべてのプロパティとパフォーマンスの範囲を定義します。特に、使用可能なサイクル時間、メールボックスプロトコルのサポート、DC同期、またはホットコネクトを設定できます。EC-Engineerには、EtherCATクラスAおよびクラスBマスターの機能をカバーする事前定義されたEMIファイルが付属しています。これらは、お客様のニーズに応じて機能を強化または制限するためのテンプレートとして機能します。

オンラインまたはオフライン構成

EC-Engineerを使用すると、EtherCAT構成は、ラボ/オフィスで「オフライン」で実行することも、マシンの実際のEtherCATネットワークに接続している場合は「オンライン」で実行することもできます。EtherCATスレーブがEC-Engineerが実行されているローカルWindowsPCに接続されているか、制御アプリケーションのマスタースタックが実行されている制御システムに接続されているかは関係ありません。いずれの場合も、スレーブとネットワークトポロジは、「バススキャン」機能を使用して簡単に決定できます。スレーブがWindowsPCに接続されている場合、統合されたWindowsEtherCATマスターがシステムを実行および検証できます。スレーブが制御システムに接続されている場合、コントローラーで実行されているマスタースタックが通信を引き継ぎ、診断に必要なすべてのサービスと情報をEC-Engineerに提供します。

スレーブのプロセスデータメモリレイアウトを修正しました

EC-Engineerのユニークな機能は、単一のスレーブまたはスレーブのグループに対して任意の固定データメモリレイアウトを設定する機能です。スレーブのアドレスをプロセスデータエリアの希望する固定位置に設定することができます。この場合、他のスレーブが追加または削除されても、このアドレスは変更されません。必要なメモリ位置は、入力データと出力データに対して異なる値に設定できます。

モジュラーデバイスプロファイル(MDP)スレーブ

モジュラーデバイス プロファイル(MDP)仕様をベースにしたコンプレックススレーブを、簡単で分かりやすくコンフィギュレーションできます。
使用可能なモジュール(右ペイン)をスロット(左ペイン)に割り当てます。

強力な診断

EC-Engineerは、診断のための洗練されたツールでもあります。EtherCATマスターとのTCP/IP接続を使用して、マスターとスレーブの両方を探索できます。その後、システムステータスとプロセスデータコンテンツの表示、およびオブジェクトディクショナリの読み取りや新しいスレーブファームウェアのダウンロードなどのより複雑な機能を利用できます。誤ったまたは不完全なEtherCATバスの起動を分析するための特別なビューが提供されています。

EC-エンジニアソフトウェア開発キット(SDK)

利用可能なSDKを使用して、EC-Engineer機能のすべてまたは一部を他のエンジニアリングアプリケーションに統合できます。また、ブランドのラベル付けと顧客固有の機能強化も実現できます。すべてのEC-Engineerビジネスロジックモジュールは、Windows®およびLinuxで使用できます。ユーザーインターフェイスレイヤーは、Microsoft®WPFテクノロジに基づいています。

続きを読む...

特徴

一般的な機能

  • 1つのプロジェクト内での複数のマスターシステムの構成
  • WindowsPCに接続されたEtherCATスレーブ
  • 制御システムに接続されたEtherCATスレーブ
  • ツリービューとトポロジビュー
  • ESIおよびEMIマネージャー
  • 多言語
  • MicrosoftWPFテクノロジに基づく最新のユーザーインターフェイス

構成機能

  • ETG.2000に従ってESI(EtherCATスレーブ情報)ファイルをインポートします
  • ETG.2100に従ってENI-(EtherCATネットワーク情報)ファイルをエクスポートする
  • 接続されたスレーブの自動決定(バススキャン)
  • すべてのパラメータを含むスレーブデバイスのコピーと貼り付け
  • PDOの選択と構成
  • EtherCATスレーブ初期化コマンドの調整と追加
  • MDP(モジュラーデバイスプロファイル)スレーブの透過的な統合
  • スレーブのメモリレイアウトを修正または
  • 分散クロック(DC)設定
  • 「ホットコネクト」グループの定義
  • プログラミングステーションのエイリアスアドレス
  • その他のマスターおよびスレーブパラメータ

診断機能

  • マスターとスレーブの状態(表示と制御)
  • プロセス(I / O)データ(表示および制御)
  • ESCレジスタ(読み取りおよび書き込み)
  • EEPROM(読み取りおよび書き込み)
  • マスターおよびスレーブオブジェクトディクショナリ
  • メールボックス転送(サービスデータオブジェクトのアップロードとダウンロード)
  • ファームウェアのアップロードとダウンロード
  • 構成と実際のネットワークの比較

詳しくは

こちらのビデオチュートリアルをご覧ください。

ダウンロードエリアで追加情報をリクエストしてください。